2011年01月12日

まるで算数を知らない子供たちが

ごきげんよう。


仕事を…休んでます。
嗚呼もう夜の八時。

原因は昨晩ソフトクリームとキリンレモン缶を飲んだから。
割りとハイペースで。

そしたらこの様ですよ。

かなり辛い思いしたので、しばらく冷たいものは控えます(つд⊂)エーン


そういえばここんと…食欲も無かったしなぁ。

胃や胃腸が弱ってんのかも。
なんでだ…ストレス?


ストレス…目に見えないんで分からぬ。

今は鍋が食べたい。

仕事の事とか、あんまり考えん方がいいんだろうな。

しかしパワーが無いな私は。
何かに吸い取られているのか…はたまた初めから無いのか。

あと忘れちゃならないのが、私は被害妄想強いこと。
心配性でネガティブ思考もあるという。

よくまぁ仕事なんかしてるよなそれで……


何で社会って厳しいんだろ。

何で私は弱いんだろ。
自分に甘いのは…ダメですかね。


んんん…

自分を認めないと…
自分を客観的に見ないと。



posted by 士千 at 20:30| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

いつの日に

ごきげんよう。



ふ〜〜〜



やっと日記が書ける。

といっても日記と言うよりは戯言・・・長い長い独り呟きの様なもんです。

明日から仕事です。もう、どんな気持ちで、どんな心構えでおればよいのか分からず、
ただ無性に時間だけが過ぎていきます。

最近、本当に時間経つのが早く感じます。
でも数ヶ月単位で見ると、やはり長い。ああ早く一年数ヶ月経っておくれ。私はもう限界なのだよ。

なーんてな。

精神的な健康を考えるようになって約一年半が経ち、

気分が塞ぐのは何故なのだろう・・・と、常々思っております。まぁ答えは出ませんけど。

私はこんなに鬱屈した人間だったかなー?と思うのです。

それらが環境のせいなのか、自分自身のせいなのか。

そういえば、自分の家の近くにとある雑居ビルがあるのですが、一晩中明かりが付いている部屋があるのです。
多分、株式会社なんだろうとは思いますが、ブラックの匂いがします・・・・怖い怖い。

そういう所に勤めてしまった以上、従わねばなりませんものね。
私も似たようなもんですが・・・

今は一年後、退職した自分を思い描いて、なんとか現実から逃げない様にしています。

でも今までも、私は現実から逃げたことは無かったな。まぁズル休み一日くらいはしましたけど、かなり精神的にキてたし。

無断欠勤繰り返すとか、仕事中に逃げるとかまでは無かったな。
多分、自分は絶対逃げないとわかっているからこその心への負担なのではなかろうか。

そんな、そこまで自分勝手に生きられたら・・・羨ましいけど格好良くはないね・・・・



何とか日々を繋ぐ為に、遊ぶ約束を取り付けたり、欲しい物を見つけたりしています。

みんなやっていることだけれど、それしか今は無いのです。

恋人でもいれば、多少違った毎日なるかもだけれど・・・・恋人ねぇ・・・・・

男性の場合、自分からアタック続けていかねば恋など出来ませんよね。

うむむ。

でも、支えてくれる人がいれば、いいなぁ。
支え合う関係っていいですね。

そう、大人(アラフォー)位になったら、櫻井敦司みたいな大人になるんだ。

私の大人になるに連れての楽しみはそこです('∀`)



あとは、この私のおかしな、鬱屈した気分とか、怒りと哀しみを、目に見える形で表現しなければなぁと・・・・

わかりやすいのは絵なんですよね。

今年は・・・何か作品を作り上げたいと思っています。できれば色を使って('_')


もう、頭の中の映像をそのまま映し出せたら早いんだけどなーもうー

ああー



あ、結構ストレス発散の為か、アイスとか甘いものをよく口にしています。

体によくないとは言いつつも・・・ね。


でも最近の優先順位は体より心なんで。

あと私、仕事始めてから性格が悪くなった気が・・・します。
多分好きな人達の前では変わんないかもしんないけど。

多分、普段の営業で、言いたくないこと言ったり会いたくない人に会ったりして溜まったストレスが性格を司る領域まで浸食してって、煤の様に汚れてしまっているのかもしれない。


あーダメだ。この仕事向いてない。

業界とかじゃなく、営業ってのが。何で違う職種で探さなかったんだろうなー・・・これが後の祭りです。

後悔しても遅いのです。

中にはこの環境を楽しんでる人もいるのかもしれない。私がダメなだけかもしれない。

上手くいかないもんだ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


でも今年もイイことはきっとある。

楽しみもできるはず。

時間は必ず一方通行で過ぎ去る。

本当に辛いことは、そう長くは続かない。

来年のこの時期、私は何を考え、どんな行動に出ているのだろうか。

生きているだろうか。

無茶苦茶やってたりしないだろうか。まぁ、やっててもいいけどね。

仕事よりも、別のことで成長していて欲しい( ゚д゚)…

来年で必ず辞めるんだから、後はカウントダウンを数えればいい。

あまり消極的なことは考えずに、生きたい。

きっともっと客観的にみれば、私の抱えたのものなんて、なんら大したことのないものなのかもしれない。

それよか、実は私はも不安になる要素なんて、初めから抱えていないのかもしれない。

そして最後はやっぱり、自分の可能性を信じなければ。そして思い描く夢を忘れてはいけない。

私はこれからなんだ。

時は必ず過ぎる。

私は必ず乗り越えられる。
posted by 士千 at 22:32| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

|д゚)

わ〜ずか〜でも〜目指す〜方向へ〜〜


ごきげんよう。

年が明け・・・一月も四日です。

去年は本当に色々あり、自分が招いた事も理不尽なことも多々多々ありました。

それはもう、英語で言うなれば、


FUCKINGーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!
AAAAAAAHHHHHHHHHAHHAHAHAAAAAAA!!!!!!!!!!!


てな感じです。私がマシンガンを所持していなかったのが幸いです。使い方もわかりませんが。


ここ数日は、精神的にも安定傾向にあります。

30日は私の高校時代の家庭教師に会い、人生相談(主に仕事)にのって貰い、今後の展望を話しました。

まぁ・・・・・( ^ω^)・・・・・

結論としては、今の仕事は早いうちに辞めるということで全会一致で決定。
私が今耐えられるのは若いからであって、歳逝ったら今より辛いだろうと。

身体を壊す前に、腰掛けで去る方がよいということになりました。うんうん。
後はお金もよくないし、将来性も、例え結婚したとしても朝早く夜帰って来ない旦那さんてどうですか奥さん。

私の身の回りには一人として「続けた方がいい」、なんて判断をする人はいませんでした。

で、その後なんですが、カウンセラーになろうかと思っていた私ですが、
この職想像以上になるのが大変の様でして・・・

なんだかんだで教師がいいのでは?という所に落ち着きました。

小学校教諭・・・・・・私がか・・・・・・・・・

しかし今の仕事に比べれば、間違いなく乗り換えた方がよいに決まっています。
あと、適正検査でも向いてる職業に教師ってのはありました。

まぁ、芸術方面とはちょっと違いますが、それでも趣味に時間はさけますしね。

あとは採用試験が勤続三年以上の人は学科試験が免除になるようなので、

二年目の私はあと一年と三ヶ月今の会社で職歴を付けねばなりません。

HEYHEYHEY!試練ってのはこのことカイ!?

悲しいけど今年本厄なのよね。 ギャーン

去年・一昨年で煮え湯に砂利を溶かして飲まされたと思いきや、プロローグでしかなかったというこの絶望感。

絶望した!十二支に絶望した!

今年はあれですか?!
残業時間が200時間を超え、徹夜勤務も余儀なくされ、納期には間に合わず得意先からはキチガイクレームの嵐で身も心も朽ち果てるのだろう!あの地球人のようにな!

・・・・・クリリンのことかーー!!!!


いや、ぶっちゃけますとね、もう仕事したくないんです(*ゝ∀・*)キラッ☆・゜:*:゜

あとまだ2ℓ近く残ってるAmazonで買ったでこぽんジュースの賞味期限が先々月で切れてるんです。

は〜・・・・すっぴゃい。 ←飲んでる。



仕事・・・大事ですよそりゃぁ。食べていくにはね。

ただね、仕事に追われて自分を追いつめて自殺にまで至る人がいるこの世の中でね、

そこまで働く必要って、ないんじゃないかと思うわけです。

終身雇用+将来の保証が正社員の役得だったわけじゃないですか。

今その二つが崩壊した日本で正社員てなんですか?

会社が存続しうる限りは保証+昇給・昇進アリって感じじゃないですか?

んなもん潰れたら終わりでしょう。ならバイトと大差ないと思います。
しかしバイトより責任は重い。

あとは年金ですが、私らが今払ってる年金は積立られずに、そのまま老年者へ流れています。
どっかに貯蓄されてるわけではなく、払った直後から遣われているのです。

で、私らが老年者になった時に貰える額は満額の内6〜7割程度です。

なんでよ?!

じゃぁ厚生年金の意味ねーじゃん。多少国民年金より割高で貰えるにせよ、払わず自分で貯蓄した方が
いいじゃない。

まだ辛うじて職歴扱いされるのが救いか、それも時間の問題であると思う。

「○○年○○で働いてました」なんてのは、海外では既に通用しません。
それがどんな大企業だろうと大手だろうと。

大切なのは、「貴方個人はどんなパフォーマンスができるのか?」であり、何処で何年働いてたか、なんてのは
何の参考にもならんのです。

さて海外被れする日本社会にも何れそういった時代が来るでしょう。
転職する人の多くが堂々とアピールできるエピソードを持っていればいいのですが・・・・



まぁだからと言って、フリーターヽ(´ー`)ノマンセーってわけでもないんですけどね。

一時的にはいいと思うけれど、歳くった時まで考えていないと大変な思いはするでしょうに。

私にはフリーターの友達がいますが、今の宙ぶらりんな状態を危惧してはいるようですが、
言うほど焦っていないところが少し違和感を感じます。

もし、私がフリーターになったら、それはもうストレスと不安と恐怖で毎日喉元掻き毟るでしょう。

でも、何らかの目的や目標があるのであれば、そうでもないかもね。

あ、マリみて実写化された数日間はキュアメイドでマリみてDAYやってたそうな。知らなかった・・・



いやぁ〜〜〜


仕事、ですね。社会人の悩みの種は。

本当に活き活きと、毎日仕事をしている人、
自分の仕事に誇りを持って毎日充実した日々を過ごすことが理想です。

振り返れば私も、充実した時もあったかもしれません。誇りを持てたことは・・・微妙ですが。
ただ、対法人に対して、自分のプライドを守ろうと思ったことは何度かある・・・・はず。

そういう時は大抵怒っているので、その後のことは忘れてしまいますがw


また、こんなに鬱屈した気分を抱えたのも、就活以来です(割とすぐだな)

初めてそういう気分になったのは、多分運転免許合宿に行ったのが初めてじゃないかな。

そらもーいつ怖い教官に当たるかが不安で、あの時は欝でした。今でも助手席で項垂れてる自分を覚えています。


社会とは、こういうものなのか・・・・こういう気分を抱えながら生きていくものなのかと思った時もありますが、

しかしそれにいつまでも精神やられているわけにもいきません。

自分の身を守らねば・・・・という気持ちが沸々と湧いてきました。

私は非常に臆病なので、突慳貪に「改善しやが馬鹿野郎!!」とかは言えませんし、抗議もできません。

が、この場から逃げ出して、安全な地へと人生をシフトチェンジすることはできます。
それ相応にまた勉強はしなければなりませんが・・・・

でも、社会に出るにあたって、まともに勉強したこともないので、いい機会だと思います。

今度はちゃんと勉強して、その結果の上に仕事を成立させたいと思います。


生きろ・・・・・俺・・・・・・・

posted by 士千 at 04:28| 神奈川 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

過ぎし人生

ごきげんよう。


おお…更新頻度が上がっているよ…

思いを吐き出すことは人間にとって必須の行為だと思う。


今日…シャッツキステの合唱祭に行って参りました。

迫力あって…あと四人いて、誰を見ていればよいのかわからず、ふわぁぁぁ!ってなりました。

歌はいいぬ…リリスが残した文化の極みだぬ。

そう思わないかい?



ふぅ…

さて、最近の私は…

先週夜勤だったのですが、精神的にはボロボロになりました。久しぶりに(いつもか)


で、もう本当にやってられない、と思いまして…

色々考えた様な気がしますが…

一先ず、私はこのまま今の職場にいた方が良いのか、いるべきなのか、良くないのか、いるべきではないのか。

客観的に見てどうなのかが知りたいです。

こんな思いするのが当たり前とは思えないけど、下積みだとしたら、妥当なのか。


よくわからなくて、ひたすら吐き出したりしてます。

でも、人生はやっぱり自分のもので、自分が明るく元気になれるようにしていかなきゃだと思います。


職場で明るく楽しく働いている人達、私もそうなりたい…と思うのは、自然な事だと思います。


前に立ってるお兄さんのズボンがずり落ちそうです…何とかして!アッー!


なんだっけ…

そう、こんな思いする日々に終止符を打つのです。

私は、頼まれると嫌とは言えず、断れない性格で、それ故に自分の首を何度も絞めてきた。

その首は絞まりすぎて、とうとう落ちてしまったのさ。

なんてなんて。


今の身分はある種の安心はあるさ。
でもそれは、そうでない人と比べた時だけ。


私は、健やかであれば、あと10年、20年は生きるのだろう。

私も確実に歳を取るんだと、最近になって漸く感じてきた。


だって私、もう23ですよ。

来年には24になるんですよ…

私、24にしちゃ幼いです。
多分自立心無いからなのかな。

しかし…確実に歳は取るわけです。私も6年後には30です。

マジ?!わぁぁぁぁ……


え?!6年後に30?!

30になったら、ある種のスペシャリストになってないとキツいぜ…ひろゆき氏の様な…

30になって20代と変わらないスキル・知能だったら怖いな…

でもまぁ…何とか大丈夫でしょう。


何の話だっけ…


とりあえず、明るいものに触れ、楽しい空間に身を起き、前向きになれる人生の方がより良いと思います。

そうなれるように…自分の人生を自分でシフトチェンジせねばなぁと。

その日は確実にやってくるぜ。
気付けば2000字超えてるぜ。


これでも幸せに向かっているのだと、そう信じることさ。
posted by 士千 at 22:56| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

日常に鬱屈

ごきげんよう。


ご機嫌ではありませんが…

今部屋着が紫です。
赤や黄色等もいいですね。
でも黒か紫しかない。


つげ義春にハマりつつある…
中毒性があるな…

平田氏に勧められたもっきり屋の少女も良かった。


つげ義春…

あとO嬢のなんたらってのと、ベクシンスキの画集欲しい。


ああ眠いから寝るよ。

ああ睡魔が込み上げてくる…

温かい…

posted by 士千 at 08:56| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月28日

マンソン…

マンソンの悲しげな曲は、やっぱり良いなぁ。

何言ってるのかはわからんけど。


悲しい気持ち、やりきれない気持ち、そして怒り。

それらはどんなに抱いてもキリがないな…


何でそんな気持ち抱えるんだろう?
何でわいてくるんだろう。


多分、不本意な事をしてるから。

私は我慢が足りないとか、そう思うよりも、他にやりたい事があるのにそれをやれずにやりたくない事をしているからなんだと思う。

今は下積み…そういう事にしている。

こんな思いの日々は必ず終わらす。
そうでないと、生きていけない。
生きていきたくもない。


でもちょっと傲慢になりがちなんだよなぁ。それは客観的に見て歯止めかけないと。


なぁ〜〜〜


人には人が必要たわ…


私は毎日鬱々した気持ち抱えてるわ…

普通おかしいよね?

何をそんな落ちてんの…って。

仕事だ。今はそれしかない。

でも期間限定だ。そう思う事で乗りきってきている。


普通、おかしいよな。やっぱり。

再来年以降の自分に乾杯する為に…今傷に耐えている。


あ、サイトの詩集更新しました。

新着順に上から表示されるようにしました。

宜しければ御覧ください。
posted by 士千 at 14:13| 神奈川 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

涙で洗い流して

ごきげんよう。



おお〜八月末以来更新しておらずしてすみません。

それでも見に来てくれる方・・・ありがとうございます。



11月ももう蟲の息ですね。(何

私は、生きてます。


でもねー


「サプリ」にあったけど、サラリーマンてのは死なないためのシステムなんだって。

やっぱり、生きてると人によっては死んじゃおうとするし、思うから。

なんで生きてんだろ・・・って。

結構、退屈しててもそう思うし、

私みたいに時間を奪われ続けて忙しさから逃れたくてそう思うこともあるだろうし。

仕事には終わりがないから、自分で終わりを降さないとダメなんだよ。

それに、このモヤモヤと、やんわりと首や胸を絞めているのは責任感とプレッシャー。

そして、私は営業だから、人に会わなければならない。

何が得意先?何がお客? 

悪いけど、私はこの仕事も会社も厭なんで、聖人君子な思いはないね。

ただ自分がトラブりたくないだけ。怒られて無駄な時間費やしたくないだけ。

だから、対応をしているだけ。お金の為・・・ってわけなのかな。

でも、お金貰えます。だからこの仕事やってと言われても、

答えはノー。

やるわけない。

やるぐらいなら金なんかいらん。

そんな気持ち。

金よりも、もっと大事なことを身に付けなければいけない時期。それが今。

それは、一生自分を支えていく能力。

それがないと不安。。。

それとも今はまだ見えないのかな。

やっぱり、自分が信じるものへ、時間を割いて熱中することが一番だと思う。

散々この社会に未来は無い。

同じように未来の無い仲間がいる。

これからのことを、沢山話し合う。

そして確認し合う。

今が一番大事。


最近も、夜はやっぱり寂しいね。

それは昼でも。独りを感じた時。

心が繋がっている人が必要。特にこれからは。

どうなのかな。。。

陽気で能天気な友達もいるけど・・・

むしろそれでいいのかな。

どんなに暗くなっても明るくなっても、同じように時間は過ぎるしね。

何なんだろう、この世界は。

何故若者たちに、例えようのない不安感が残り続けているのだろう。

何だか、生きていく術は、これとこれしかない、という脅しをかけられている様だ。



答えはアートの中にあるような気がする。

死んでもいいのかもしれない。

死を肯定してもいいのかもしれない。

死に対して、もっと近付いてみてもいいのかもしれない。

還ってこれるのなら。

死んでいった友達は、何を考えていたのだろう。

死をどれくらい深く、考えただろう。そして絶つまでの間。

私と、同じ気持ちだっただろうか・・・・・・・・・・

私は今、死に近い・・・・・?


・・・・・・・・・文章を打ててよかった。唯一、私が教育に感謝すべきところか。

死に近いものに、私は興味をそそられるのだ。

それはとても、おいしそうだから。

私の心が欲しているのだ。

死に近い、栄養を。。。

posted by 士千 at 00:28| 神奈川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

吐き出す思い

・・・・・


何の気なしに衝動買いをしてしまった。

ラムネ二つとヨーグルトのチューイングキャンディー。・・・・まぁ要はお菓子なんだけど。


お金があるとつい遣ってしまう。

それも、大して高価なものでないものだと分かっているから、なおさら。。。

でも商品の額なんてことよりももっと大事なのは、私のお金に対する考え方。

お金というものの価値を、分かっているのか、いないのか。。。

少なくとも私は、あまり分かっていないような気がする。

大事にしてはいるけれども、その本当の価値は理解していないのだろう。

あれば、遣う。あるから遣う。でも無くなるのはさびしい・・・どんどん無くなっていって、

どんどん減ってしまうと、恐くて仕方がない。

別にいいんだろうけど。私の稼いだお金を、私がどう遣おうと・・・・・知ったことじゃないだろう。

それはもう、蚊を殺す様な軽い気持ちで遣っているのだから。


お腹が空いてはいるけれども、食欲はあまり・・・ない。

けれど何か食べなければ気が散ってしょうがない。

イライラを抑えるためにも何か食べなければ。

かといって、外食までする気は、ない。

仕方がないのでインスタント食品でも買いに行く・・・・・・

美食家ってわけでもないけれど、別にそこまでおいしいものでなくてもいい日だってある。

適当な、腹が満たせればいい、けれど、ある程度の趣向の範囲の中で。

つまりは、結局、許せる範囲の食べ物を買う訳だ。

こういう時は冒険もしない。

過去に食べて、また食べてもいいと思えたやつを買うだけだ。

そういったものが多いといい。だから日ごろの冒険は必要なんだ。


働き始めてから一年と・・・五ヶ月が経とうとしている。

私の生活の一部になるどころか、働くことが大部分を占めている・・・・悲しいことだ。

私はこの現実を受け止めきれるだろうか?

受け止めた瞬間に、粉々に朽ち果てていき、骨の残骸となってしまう。

それはそれで、潔くてよいかもしれない。

死ぬ時は、尾を引かない死に様がよい。

実際には、死を認識する間も無い方が苦しまなくて済むだろう。

死ぬ瞬間くらい、苦しませないでくれ。

死に近付く方法はいくらでもある。

私が今までで最も死に近付いた時はいつだろう?

怪我をした時か。病気になった時か。

でもそれは肉体的な話。

精神的に死の直前まで行ったことがあるとするならば?

・・・・・なんとなくわからない。

とにかく、死の傍は、きっと恐いだろうよ。

でも、同時に生も認識するのだろうよ。


私は、毎日色々な人に見られている。

少し驚いてしまうのは、私自身の思い描いてる自分と、

他人から見た自分の、差。

私は活き々としているか?

笑って、喋って、楽しそう?

そうなのね・・・・・・・・

何だかショックなんだよ。でも、悪い事じゃない。

私は不安定なんだろうきっと。

きっと人の前では自分を守っているのだから。

きっと、心配されないように、本当に自分が考えていることを悟らせないために。

守っている。たまに晒してるけど。

たまにじゃないか。。。

でも、本当の自分で生活することは、人と生活する以上は障害になる。

きっとそうだろう。

私は繕っている。無理している。偽っている。

でも、それがある種、本当の自分として存在されている。

私の気持ちなんて、どうでもいいんだよ。この世界では。

でも自分の世界では、それが全てを支配している。


今の生活が全てだと思う?

私は、この生活、ほんの僅かなごく一部の世界だと思っている。

最近。

自分の身の回りのことで、悩んで、苦しんで、腐って、、、

でもふと顔を上げて、試しに空まで登って行って、ふと下を眺めてみよう。

すると?

自分のいた場所の、なんて小さいことだろう。

私は、あんな場所で、まるで全ての終わりが来て、

もうすぐ自分が押しつぶされてしまいそうな恐怖感に怯えていたのか・・・・と。

思い出すんだ。

今が全てじゃない、と。上手く言えないけれど・・・

今は、必ず過ぎ去る時であり、この今で全てが決まりはしない。

また、世界は無数に存在していて、私の今の生活・社会もまた、他にあるということ。

檻に閉じ込められいるわけじゃない。

いつだって抜け出せる。抜け出したっていい。

自分の行先は、自分で決めればいい。

誰かの言うことなんて、構わなくていい。だって、関係ないだろう?

自分という可能性を、人に決められて堪るものか。

自分の価値も、場所も、社会も、自分で決めるべきなんだ。本当は。

大切なのは、自分が檻に閉じ込められてなんか、いないということ。

自由に、好きなことをすればよいということ。

傷つけられたら、傷つけ返したっていいし、さようならしたっていいということ。

自分から幸せを奪うものには強く反抗しなければ。

それか、隙を見て抜け出せばいい。

自分の思う通りに生きろ。

後悔する前に。

そうすれば幸せに違いない。

posted by 士千 at 18:16| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

折れていく

別に、恋愛しなくても片思いでも、相手がいることに変わりはないのではないか。


それで、最も自分を癒すものは、好きな人とのコミュニケーションであって、その一つが会話なんだろう。


私は最近、じっとしていられない。
何かしてないと、不安なのだろうか、まったく。

辛い時は、好きな人を想って、耐え忍ぼう。

それくらい、許されるはず。

私がまだ子供でも。

好きだけど、手に入れたい訳ではない。
そんな気持ちを抱えている。

ダメかな。よきかな。


まだ喉につかえてる言葉が沢山ある。

それで胸が苦しい。


それでも癒されたいから、傷口を開けて待っている。
posted by 士千 at 09:05| 神奈川 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

見えない恐怖こそ恐怖

100503_2238~01.jpgごきげんよう。

久しぶり…じゃないか。


現在ラーメン待ち中…
今夜は祖父宅に転がり込む予定なので近所のラーメン屋へ。
名は『せい家』左に東京美人らしきOLがいる…


ふと、私は全く楽しくも幸せでもない人生なのではないかと思った。

これは、思っただけで実際そうでもないかもしれないが。

でも人は較べる対象がなければ何も判断できないから…

下を見れば私なんか幸せなのだろう。

でもそれが何?

下を見て感じる幸せって何?


私はきっとずっと、こんな状態が続いていて、

楽しいことと辛いことのバランスが崩れて、それが表面化しているのだろう。

でも毎日を楽しもうと前向きではないのは本当。

無理にでも楽しもう…とはしない。
果たして試みれば楽しくもなるのだろうか。
自己暗示には自信がない。


あ、ベッドしかない部屋っていいな。


私は結構、鬱屈していて、考え込むのが好きなんだろう。

いつの間にか、めんどくさい性格になった。

それは全て環境のせいですが。

やっぱり、社会では誰も救ってはくれないよ。

契約者でもない限り。

私は今将来が見えない。多分将来なんてないんだろう。

今の自分は正しいのか、間違っているのか。
答えはまだ先になるだろう。


でも私は私を自分の力で取り戻さなければならない。

我が儘でも。ろくでなしでも。

私は私の為に生きているのに


一つ言える真理は、人は誰かに見ていて欲しいということ。

私は今、私のことしか見えていないだろう。

きっと暫くはそうなのだろう。

己の苦しみを、見える形で露呈できればな…

いや、できるかもしれない。


私の何がおかしいのか。
posted by 士千 at 22:53| ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。